2020年8月9日日曜日

教職員用の自主検温コーナーのAI化?

 K2号館の受付のある方に、教職員用の自主検温コーナーというのがあります。いつの間にか、AI化されていました。
自主検温コーナー
教職員専用 自主検温コーナー

サーマルAIカメラ

 このカメラですが、「サーマルAIカメラ」でGoogleで検索すると、こちらの会社の製品 NSAC-TH1001のようです。顔認証の機能は使っていませんが、顔を認識すると表面温度を表示してくれます。マスクをしていても、顔認識してくれるようです。逆に、マスクをしていないと「マスクをしてください」と注意をしてくれます。この辺が「AI」のようです。
マスクなし画像
マスクなしの場合、注意してくれます

 おそらく、Raspberry Pi+サーマルカメラ(+ディスプレイ)でも実現できそうです。誰か4年生が卒論のテーマにしたら面白いかもしれません。
 下記の写真は、6月末の自主検温コーナーですので、格段にパワーアップしたとも言えます。
6月の時点の自主検温コーナー
6月の時点の自主検温コーナー
6月の自主検温コーナーの非接触の温度計
非接触の温度計が置いてありました

2020年8月8日土曜日

オープンキャンパスに向けた研究室PRの動画撮影

 次回のオンライン・オープンキャンパスは8/16(日)なのですが、それに向けて情報工学科の研究室を紹介するPR動画の撮影を行いました。今回は、辻研究室と鷹野研究室にご協力していただきました。撮影と編集は、外部の業者さんにお願いしています。
辻研究室での議論の様子の撮影
辻研究室での議論の様子の撮影
鷹野研究室での議論の様子の撮影
鷹野研究室での議論の様子の撮影

 基本は、教員と学生への個別のインタビューを中心に行いました。インタビューアは、業者の方です。音声録りは、このインタビューを基として、それに映像を切り替えて編集していくようです。
鷹野先生のインタビューの様子
学生への個別インタビュー
(辻先生がこっそり見守る)学生への個別インタビューの様子

 学生へのインタビューは、高校生向けということですので、行っている研究、大学選びのポイント、受験のためのアドバイスなどについてです。インタビューアからの質問で、「その研究は社会的にどの様な役に立つのですか?」という質問が答えにくかったようです。学問的な意義は研究室のゼミなどで鍛えていると思うのですが、研究の社会的意義(=高校生でも分かるような「意義」)については、深く練っていなかったのかもしれません。でも、一般の方にも分かるように自分の研究を説明できることも大切です。
 この撮影の業者さんは、株式会社エデュケーショナルネットワーク様で、以前に紹介したオープンキャンパス用の系統別ガイダンスの撮影・編集も手掛けてくださっています。
 作成した動画の公開は、次回の8/16のオープンキャンパス以降となります。

2020年8月1日土曜日

ホットサンドメーカーで料理

研究室で自炊している学生さんは、毎年います。コロナ過ですので、今はいませんが、コロナ過の前には、ホットサンドメーカーを使って料理している学生さんがいました。今日研究室で会えたので、聞いてみたところ「リロ氏」(*1)という人の影響のようです。

「リロ氏」の影響は大きく、巷ではホットサンドメーカーの売り上げが上がり、「リロ氏のホットサンドメーカー料理本」も発売されています。実は、私も欲しいと思っています (^_^)。

そんな中、たまたま駅と大学の間にあるアウトドア用品店を訪れたら、ホットサンドメーカーコーナーがありました。写真の一番右側のホットサンドメーカーは、通常の2倍くらいの大きさがあります。
ホットサンドメーカーを使っている学生さんに、愛用のホットサンドメーカーを写真に収めさせてもらおうと思いましたが、今は研究室に置いていない(家で使っている)そうです。

その学生さんの感想として「ホットサンドメーカーでの料理はすごく便利だけれど、1,2人前しか作れない」がありました。今度会ったら、この大きなホットサンドメーカーを勧めてあげることにします。

今回、訪れたアウトドア用品店の写真を掲載します。WILD-1 厚木店です。
コロナが落ち着いて、研究室で料理が作れるような日が早く来るとよいですね。

(*1)本当は半角カタカナで表記します