2017年12月11日月曜日

彼女が大将です

 以前、“彼女が主役です”という記事(リンク)を書いたので、ちょっとネーミングを変えました。“彼女が**です”ということで第二弾とも言えます。シリーズ化できるといいですね(私の一方的な論理)。

 いよいよ手話認識の検討も片手のみの動作から両手の動作による手話の検討への踏み込むことになりました。今回は2日間にわたって、15種の動作を9人から、それぞれ30サンプル取得することが最低目標です。

 前日の夜遅くまで(私が帰るときは)、当日も朝早くから(私が来たときには)準備・確認作業をしていました。彼女の責任感がそうさせるのだと思います。そのような姿勢から私も学びます。(最近、同僚教員の某先生から準備不足だな、って指摘を受けました。確かに。学生からも学ぶ姿勢を忘れてはなりません)

手話動作の指導とチェックをしてくださる小林さんの来所は10時前。それまでに最終準備をしています。彼女を除くと当研究室の学生というよりも共同でやっている西村先生のところの協力学生が多いです。まぁ、情けなくもありますが・・・ 

筆談ボードに何か書いているのが、今回の一連の作業とデータ構築のとりまとめというか責任者(大将)である岡安さん。横の小林さんに資料をすでに渡しているようです。

資料を確認中の小林さん。今回は上記データに加えて、○○のデータもあります。10,000個以上、データを取ってきていれば、いろいろ不具合もあるのでしょう、という読者の方々のご推察は正しいです。

いよいよ撮影開始、要するに手話データの取得に入るところです。カラー手袋を装着していると思われます。
前回から二人同時の撮影を行っています。単純に2倍の速度にはなりませんが、それなりの経験とノウハウの取得による成果ともいえます。

手話を行う人は、模範となる手話動画を見て、それを再現するように行います。中央のモニタがそれで、左のモニタが自分の手話の動きです。

小林さんが具体的に動作の指導をしているところのようです。両手の動きであることがここでも明らかですね。

 両手を使った手話もいろいろあるだろう。今回は、どのような基準で手話を選択したのかって? うーん、鋭い質問ですね。そこは企業秘密です、と言いたいところですが、まずは左右の動きが干渉しないようなものを選択しました。もちろん、その先の検討の準備として、そのような手話も3つほど選択し、取得しました。  

 いよいよ両手の動きのある手話の認識の検討に、足を踏み入れました。彼女が中心となって検討を進めていくことになります。卒論も書かなければなりません。今回のような動画データ取得方法も含めた引継ぎも重要です。継続していくことで、他の大学に対する競争力も生まれるちゅーもんです。彼女の努力に期待する一方、彼女への支援も重要ですね。M1小澤君、大丈夫ですよね。それは、指導教員の仕事だろう、という指摘は正しいです。でも、チーム力を最大に発揮したいものです。

 改めて、手話動画データの取得を指導、協力してくださる小林様はじめ、株式会社ケイ・シー・シー(https://www.kcc.co.jp/)の関係の方々に感謝申し上げます。


2017年12月5日火曜日

靴箱を買いました -ある研究室の場合-

 森下君が寄稿してくれました。研究室メンバーの一風景のようです。笑えるでしょうか? 何らかの主張はあるでしょうか? 単なる絵日記になっていないでしょうか?(まぁ、それでも記録としての意味はありますが) と、つい、突っ込みたくなります。職業病でしょうか? 確かに、この年齢になると未病、ほとんど病気という状態ですが・・・・最後のところに、謝意が記述されているようです。

*********
以前も靴箱を買いましたというタイトルでブログ記事があがっていました(2017/10/9の記事リンク)。その記事内で廊下に靴を出している研究室はあと1つと書かれていたので靴箱を買うことにしました。
 実際に購入した靴箱を作成している様子です。


4年生全員がゼミ卓に集まり作成をしました。門倉君もとても楽しそうに付け間違えたパーツを割り箸で押し出しています。
 


 作成中は夏休みの自由制作をする親子になりきったりしていました。外部の人が見たらすごく混沌とした空間になっていたと思います。(それくらい仲が良いということにしてください)
そんなこんなで、無事に靴箱が完成しました。完成した靴箱は廊下に置く予定なので、鍵の購入も忘れませんでした。


ただ、ここで問題が発生しました。なんと鍵をかけても扉を開けることができてしまったのです()
鍵を選定したO賀君がやらかしたって顔をしていました。鍵が使えないことが分かったので、鍵を付けずに使用していたのですが、先日、隣の研究室の先生が善意で鍵をくれました。
 


さっそく鍵を取り付けてみました。サイズ感もばっちりでした。そして感謝を感じたのと同時にこれは記事にしなければと思い、今回の記事を書きました。私たちの研究室も靴箱にしたので、情報学部棟のすべての研究室が廊下に靴を出しっぱなしという状況はなくなったと思います。

PS)補足というか言い訳by 教員
単純な出しっぱなしではなく(床にそのまま置くようなことはなく)、下駄箱ではなく単なる棚に入れていました。これも確かに問題ですね。

2017年12月4日月曜日

五百蔵研の学祭 研究室公開編

五百蔵研究室の1412号です。

先日、模擬店編ということで学祭の記事を投稿させていただきましたが、
今回は研究室公開の準備のときのお話をお届けしたいと思います。

存じている方もいらっしゃるかと思いますが、
3年前の先輩方のシューティングゲームを2年前の先輩方が少し改良して
「ブラウザクラッシャー」と名付けて研究室公開で利用していました。
今年もこのゲームの力を借りようと思い、掘り出そうとしました。

しかし、バージョン等の関係から2年前に使用していたpcでないと
起動が難しいことに気づきました。

ここで更なる問題です。使用していた2年前のpcが以前から
起動してから数分で落ちてしまう現象がありました。
電源は入っているのに出力もされず、こちらからの操作もなにも効かない状態でした。

ここまでなってしまったのだから、中身を確認してみようと深夜にpcの解体を始めました。
そして「熱い」の一言で原因が発覚しました。
グラフィックボードがとんでもない熱を持っていたのです。
確認したらグラフィックボード用のファンが焼き切れていました。
開けたpcと焼き切れていたファン
これにより熱暴走をしていたのではないかと考えられます。
急遽他のpcのファンが付いたグラフィックボードを付け替え、立ち上げ直しました。
グラフィックボードごと交換
結果、以前まで起こっていた問題も起きることなく、「ブラウザクラッシャー」も
起動および改良ができました。

(これらの作業が全て終わったのが学祭当日の早朝だったということは秘密です。)

学祭当日に研究室公開に足を運んでくださった方々はありがとうございました!

ではまた、月光の光の中で・・・┏(○ω・)


学生さんからの投稿です。ありがとうございます。

2017年12月2日土曜日

一周回ってコーヒーメーカーを買いました

カフェイン はプログラマの必需品です(諸説あります(*1))。今回、紆余曲折し、普通の コーヒー メーカーを買うということに落ち着きました。
今回たどり着いた正解
(コーヒーメーカーに直接ドリッパを乗せたコップを置く)
■葛藤

 ここ数年、コーヒーを入れるのが面倒で、コーヒーを飲む量が減っていました。簡単にコーヒーを入れて、片付けも簡単にしたいです。色々試しました。(1) 普通のコーヒーメーカー、(2) コーヒープレス(スターバックス製)、(3) お湯がゆっくり落ちるようになってるステンレスのドリッパー(スターバックス製)、(4) 100円均一で買ったコップに直接ドリップさせることができる使い捨ての紙ドリッパー、(5) コップのふちに引っ掛けるタイプでコーヒー豆が既に入っている使い捨てのコーヒードリッパーなどなどです。
コーヒーを淹れる色々な道具

 いろいろ検討したところ、「時間をかけてお湯を落としてくれる機械」ドリッパーが数個」があればよいことに気付きました。自作を検討し、部品の検討に入ります。1万円くらいあれば作れそうです。 しかし、「時間をかけてお湯を落としてくれる機械」が、巷に存在することに気づきました。コーヒーメーカーです(^_^;)


■解答
 「ドリップをサーバーの上に乗せるタイプのコーヒーメーカー」を買えば、問題が解決することに気づきました。コーヒーサーバーの代わりにコップを直接置き、コップの上にドリッパーを置きます。これで、ばっちりです。大学近くのコーナンに買いに行きました。1480円+税でした。工作の手間もなく、材料費よりも安くすみました。

今回たどり着いた正解(再掲)
 コップはたくさんあります。ドリッパーは100円均一などで数個用意しておけば、まとめて洗うこともできて、楽ちんです。
 ここ数年のモヤモヤが1,480円+税で片付きました。良かったです。


■不具合(落ち)

しかし、落ちも一つだけあります。100円均一で、コーヒードリッパーとペーパーフィルターを買いました。同じ店で買ったのに、サイズが合っていません (T_T)。
サイズの会っていないコーヒードリッパーとペーパーフィルター
何とか使えていますが、ぴったりしていないと、給湯中に紙が内側に倒れてきて、コーヒー豆をこぼしたりします。そのうちやらかすんじゃないかと思っています。

(*1) 笑っていただくところです。

2017年12月1日金曜日

ママになって来てくれました2017

学園祭 には多くの卒業生が遊びに来てくれます。ある卒業生は、生まれたばかり(生後1か月)の赤ちゃんを連れてきてくれました。
赤ちゃんと記念撮影
彼女がこのブログに掲載されたのがきっかけで、出会い、出産まで至ったようです。「この子(赤ちゃん)がいるのは先生のおかげです」と言っていただきました。卒業生の人生に良い影響を与えているようでしたら、本ブログも光栄です。

卒業生と赤ちゃんの末永い幸せを願っております。


他の卒業生さんですが、同様に赤ちゃんを連れてきてくれたことがあります。  このブログには、ウェディングドレス姿、色打掛姿も掲載されています。是非過去記事もご覧ください。
  • ママになって帰ってきました (リンク

2008年に卒業した内山さん(再掲)