2017年9月18日月曜日

今年もCEATECに出展します -出展準備中-

 もう、その季節がやってきました。9月といえば、そうです。CEATECリンク)の出展準備がたけなわ?の季節です(大手企業はもっと前から、中小企業は今頃?)。今年のCEATEC2017も出展します。当方が、最初に出展したのはCEATEC2010でしたので(当時の様子はこちら)、今年で8年目ということになります。何とかここまで継続できたのも、真面目、真摯に取り組んでくれている学生がいればこそです。ここに、歴代の出展学生に深い謝意を申し上げます。

 今年もその準備を行っています。当方の出展内容は以下のサイトを参照ください。パンフレット(画像悪いバージョンです)もゲットできます(まぁ、いらないな。という声が聞こえます)。
http://www.ceatec.com/ja/exhibitors/detail.html?id=9757

 
・「音を用いた情報伝送機能を具備する高精度屋内測位システム」(今年は、新たに音にセンサデータを埋め込み、音によるデータ伝送機能を具備しました)と
・「光学カメラを用いた特徴量と識別器を統合した手話認識システム」(今年は、機械学習の手法を増やすとともに、Android端末と認識サーバマシンからなる、より目標に近いシステムを構築しました)です。


 今日は手話認識システムを一緒にやっている情報メディア学科の西村研究室の学生とともに、ブースのレイアウトの確認を行いました。その状況です。ちなみに、私は監督していません。今日の監督者は西村先生、撮影者は森下君です。


まずは、スペースの確認ということか。向こう側に見えるフレームは、高精度屋内測位システムのデモ装置です。いまだに、どのレベルのデモをするのか、決めていません。いけませんね。

当ブースのスペースの半分には展示台を設置してもらいません。写真のように、その展示台の場所に人が入ります。そして、そこでデモを行います。展示台の上でやれば?って。その構成はあり得ません。


当研究室のいつものメンバーに西村研の馬場君と錦澤君が加わってやっています。これは手話認識の動作確認というところかと。

困ったことがありました、なんちゅー報告は受けていないので、無事、確認は終了したのだと思います。そう信じます。私は、先方にブースの展示台設定のお願いをすればいいだけですね? 


 ベースラインの確認はできたようです。あとは、デモシナリオの検討や、より効果的に見せるためのお化粧ですかね。会場へ輸送するもの、ハンドキャリーをするものの区別などもしっかりしておいてください。今まで会場で、「***がない」ってことはありませんでした。他の大学に貸したことはありますが・・・(これ、自慢のようで恐縮)。

 

2017年9月15日金曜日

電子情報通信学会 ソサイエティ大会での発表

 12日(火)から15日(金)にわたって電子情報通信学会 ソサイエティ大会が開催されています(リンク)。発表学生の状況を報告します。今回の開催場所は、東京都市大学の世田谷キャンパスです。それが理由なのか?何だか、全体にみて参加者が少なく感じましたが・・・(もっとも私は14日の午前中だけの参加ですので、断定できません)。


 これは恒例?あるいは出張の証拠となる?大学の門の前での写真。誰かに頼んで撮ってもらったと思います。

13日の発表は、門倉君。

門倉 丈 情報伝送機能を具備する高精度屋内測位手法の提案


 私は聴講できませんでした。これでも、学内の仕事もあります。夏休みといっても、仕事がないわけではなりません(むしろ、この時期にやるべきことが(たくさん)あります。現実は、厳しいです。いかにも、仕事をしているような表現ですね(^_^)。ポーズも重要です(汗)。実態は、忸怩(高校生諸君 読めますか?)たるものがあります)。撮影者は小澤君。同じ構図の写真ばかり撮ってもいけません(笑)。以下は門倉君本人の感想です。 

「今回発表するのは2回目となりましたが、前回の反省を生かしてよい発表をすることができたと思います。質疑応答では、すべての質問に答えることができたので、ほっとしました。他の発表者の内容を見ていると、しっかりと関連研究を示していて、自分の提案する内容がそれに対してどのようなメリットがあるのかを説明されていました。自分の発表では、そのあたりがまだまだ足りないので、次発表するときは、後悔を微塵も残さないような発表をできたらと思います。」


教員追記:「*****。学生さんの発表もよかったです。」という知人からのメールもありました。確かにうまく発表できたのだと思います。質問対応で、2連敗?はできませんね。


14日の発表は、小澤君。

 
小澤辰典 複数の弱識別器統合による手話認識性能の向上


 
 これは、私は聴講しました。単なる場慣れだと思いたくないのですが、発表はうまくなりました。質疑応答もスムーズにできるようになりましたね。最近は、私は安心して見られるようになりました。以下は本人の感想。マイナス面を少なく、プラス面を多く書くようにしてください。特に、社会に出てからは・・・

ソサイエティ大会2017感想(自分の発表の感想)
 ソサイエティ大会2017に講演者として参加しました小澤です。私は手話認識についての研究を行っております。今回質問者から「その他の関連研究はありますか、特に欧米の」という質問がありました。関連研究について日本の論文はいくつか読みましたが、海外の論文を読んだことはほとんどありませんでした。今後研究を進めていくうえで、もっと海外の関連研究の論文を読み解いていく必要性を強く感じました。また研究進めるうえで、英語力は必要だと再確認いたしました。
ソサイエティ大会2017感想(全体の感想)
私は手話認識についての研究を行っており、「ヘルスケア・医療情報通信技術」のプログラムで発表いたしました。そのプログラムで他の学生の発表者が5G(5世代の通信技術)に関連したことを発表していたことが記憶に残りました。去年のソサイエティ大会で、NTTやドコモ等の企業の方々が5Gについての発表をしていたのを覚えていますが、学生が発表していたのは見たことはなかったので驚きました。今年のソサイエティ大会では、総務省からも「5G実現に向けた取組」について発表していました。(5Gについてまったく理解できませんでしたが・・・)5Gの実現もすぐそこまで来ているのだと感じ、世の中の進化の速さを実感しました。

*****
 小生は、大物の先生の方々がパネル討論をするセッションに興味を持って参加しました。知っている先生もいらっしゃいましたが、お年を召されていて外観の変化もありました。自分も同じなんだな、と思うに、ちょっと物悲しくもありました。発言やスライドのキーポイントのメモは取ったので、それが成果ですかね。
 出張報告には全くなっていないけど、まぁ、いいや。

2017年9月14日木曜日

野球部試合、AO入試、KAIT未来塾

今日は9月9日(土)です。小中高校生は、夏休みは終わりましたでしょうか? 大学はまだ夏休みです。そのためか、今日はイベントは目白押しです。

■野球部試合

本学の野球部のグラウンドは、電光掲示板ですし、横浜スタジアムと同じ人工芝を使っている非常に良い環境です。そのためか分かりませんが、多くの大学が(練習)試合に訪れます。今日は、神奈川大学横浜商科大学の野球部が来てくれたようです。
神奈川大学と横浜商科大学のバス



■AO入試

AO入試にも色々種類があるので、先週と先々週もありました(3週連続)。入試の様子は公開できないので、案内板の写真を公開します。
AO入試開催の様子(案内板のみ)
神奈川工科大学のAO入試では、実績評価方式、適正評価方式、レクチャーレポート方式という様々な方式で、高校生のそれぞれの皆さんに適した入試を行っています。この後には、指定校推薦、適正評価方式(2期)、自己推薦や、もちろん一般入試、センター利用入試などがありますので、是非、受験してください。

■KAIT未来塾

KAIT未来塾は、地元の小学生に向けた学校的なものです。年間11回のものもあれば、年回38回のものもあります(リンク)。今回見たのは、小学校4,5,6年生向けの「ロボット博士コース」かなと思います。気が散るといけないので、授業模様の写真は撮りませんでした。以下の写真は、LegoのMindstormというロボットを走らせるコースです。
KAIT未来塾 ロボット博士コースのロボット試走コース

2017年9月13日水曜日

ウルトラマンジードの撮影

本学では色々な撮影が行われています。
  • よく撮影に使われる神奈川工科大学(リンク
ウルトラマンジードの撮影が行われたようです。本学企画入学課前に宣伝されていました。
企画入学課前に貼られたポスター
10月に放送予定です。是非、見てください。

2017年9月11日月曜日

プリンタを買い換えました

だましだまし使っていたプリンタですが、ついにBrotherのA4カラーレーザー複合機MFC-L9570CDWに買い換えました。
Brotherのカラーレーザー複合機MFC-L9570CDW
前のプリンタは、コニカミノルタ Magicolor 4690MFで、大変気に入っています。気に入っているのもありますし、プリンタが動いている間は買い換えづらいです。動いてはいるのですが、時折、すごく汚れて印刷されます。掃除をするなど色々がんばりましたが、そろそろ正常に動いているとはいい難い状況になりました。

新しいプリンタを購入するのにも色々条件があります。今のプリンタと同じ機能があると良いなと思うのですが、その機能を満たすものがなかなかありませんので、買い換えられませんでした。

  • ADF(コピーするときの自動紙送り機能)がある
  • プリンタ機能は1分間に20枚以上カラー印刷できる
  • コピー機能は1分間に20枚以上カラー印刷できる
  • 20万以下

私が見つけるのが下手なのか、学生さんはこういうのを見つけるのが上手なのか、あっさり見つかりました。そこで、今回、買い換えました。

届いた荷物は以下のようにすごく大きいです。びっくりしました。
写真では分かりにくいですが、すごく大きい段ボールです
下部には木製のパレットのようなものがあります。実際は段ボール製です。あまりの重さで、フォークリフトで運ぶのが前提なのでしょう。
運搬用のパレット(段ボール製)
この手の段ボールは、「上を開けて、上から商品を引き抜く」ということはありません!。商品が重いので、腰を痛めたり、重くてうまく商品を引き抜けずに壊したりしてしまいます。「横のプラスティックを外すことで、段ボールを上に引き抜ける」ようになっています。ダンボール上部にも図解されています。

開封作業を見ていたら、ちょうど学生さんが、ダンボール上部をあけ、商品を上から引き出そうとしていました。商品を壊しても、学生さんが怪我をしても大変です。指摘できてよかったです。
こういったちょっとしたTipsを数多く経験できるのが、研究室で学ぶ醍醐味だと思います。

「IT系の人間は、まず試してみる。困ってからマニュアルを見る」習性があります。それではダメな例ですね。事故が無くて良かったです (^_^)。

2017年9月9日土曜日

コラ職人

コラージュ作品を作る人のことをコラ職人ということがあります。卒研生の頃は、コラ職人であることをひた隠しにしていた学生さんが、大学院進学後、コラ職人であることをカミングアウトしました。色々お世話になっております。ありがとうございます。先の世界陸上の模様もコラージュしてくれました。
コラージュ作品(再掲)
メンバーが一人多いので、学校の集合写真の欠席者の様に、丸抜きで顔写真が載っています。きっと彼がケンブリッジ飛鳥さん役なのでしょう。

さて、この再現写真を作るとき、大判のプリンタでユニフォームを印刷し、前身ごろと後見ごろを作り、かぶり着を作り、それをみんなで着ればよいじゃんと提案しました。しかし、それでは紙がもったいないと、学生さんに言われ、前身ごろを1枚だけ作り、別々に写真を撮り、合成することになりました。合成前の写真は以下の通りです。

元の写真はおそらく、このリンクの写真だと思います。中々すごいクオリティです。これからも色々頼むかもしれませんが、よろしくお願いします。

2017年9月8日金曜日

なぜJPじゃなくJPN

世界陸上2017で、日本がリレーで銅メダルを取りました。以下の写真は、その模様を写したニュース写真を元に、学生さんが作ってくれたコラ画像です。
「世界陸上2017 リレーで、日本が銅メダルを獲得」の再現写真
このコラ画像作成記事は以下のブログ記事をご覧ください。
  • コラ職人(リンク(明日、公開))

世界陸上のゼッケンには「JPN」の文字が書かれています。「なぜ、JPじゃない?」と思いました。
ご存知じの方も多いかもしれませんが、世界の国名は2文字のアルファベットで表せるよう国際規格で定められています。URLの末尾の2文字がそれです。せっかくそんな素晴らしい国際規格があるのだから、それを使えばよいじゃないか、と思ったのです。

少し調べてみると、「2文字の国名」、「3文字の国名」、「国の数字」は、ISO 3166-1で定められているようです。3文字の国名も定められているとは知りませんでした(参考にしたサイト)。一問一答式の疑問は、ネットで調べれるとすぐに分かります。すごい世の中になりました。

「国の数字」と、国際電話で使われる「国番号」が異なるのは、少し気になりますが、気にしないことにしましょう。「国番号」は国際電気通信連合 (ITU)が定めているそうです。

変なところが気になるのは職業病かもしれません。

最後になり申し訳ありません。日本選手の活躍、心より喜んでおります。日本のスポーツの発展に伴い、本学のスポーツ情報科学コースの認知度・重要度が上がることを願っております。

追伸
 ちなみに過去にも職業病だなと思うブログ記事を書きました。
  • ATMの進化(20年前の話)(リンク

2017年9月7日木曜日

球技大会

五百蔵研究室の1412号です。お久しぶりです。
情報工学科の田中哲雄研究室の方々が研究室のメンバーでプチ球技大会を開催していたのでお邪魔させていただきました!

夕方過ぎからの時間、KAITアリーナ(大学内の体育館)を借りて、いざ準備!
最初は卓球からスタートということで卓球台をみんなで用意しました。
卓球台の準備の様子
軽いアップから、すぐにトーナメント形式で卓球を楽しみました。
各台、白熱した試合展開でした!
試合の様子!
試合の様子!!
そして激戦の結果、決勝へ進んだのは外丸君と渡辺君!
結果は渡辺君の優勝でした。とてもうまかった・・・
決勝の様子!
続いて、5人ずつに分かれてチームを2つ作り、バスケを楽しみました!
いざ、バスケ!リストバンドでチーム分け中
みなさんバスケでヘトヘトになったところでドッチボールに種目を切り替えました!
このボールで全員アウトにしてやるぜ、と意気込んでいる小内君
ドッチボールも終え、いい時間になってから締めの鬼ごっこ!

みなさん、元気すぎですわ・・・

このように人が集まれればいろんなことができます。
うちの研究室でもやりたいなぁ・・・いつかは研究室対抗の球技大会とかも・・・

ともかく、この度は田中哲雄研究室の皆様、ありがとうございました!!
ではまた、月光の光の中で・・・┏(○ω・)

学生さんからの投稿です。ありがとうございます。

2017年9月6日水曜日

KAIT Expressが電子的に読めます

KAIT Expressは、学生さんが、学生さんの目線で書いている広報誌です。KAIT ExpressがWebに公開されていることを、先ほど知りました(リンク)。
KAIT Express夏号の表紙
■経緯
情報学部のブログやTwitterをどうすればもっとみんなに読んでもらえるだろうと考えています。そのアイデアの一つに、「KAIT Expressに載っているパズルの答え」を載せてはどうかというのがありました。答えは次号に掲載されるのですが、次号を取りに行くのをつい忘れれてしまうということでした。無断での情報提供はダメでしょうが、問い合わせる価値はあるかな?と思っていました。

そんな中、色々調べてみるとWebでダウンロードできるようになっているじゃないですか!

読んだことが無い人も是非、お読みください。部活などの情報が満載なので、高校生の皆さんが知りたいことが書かれているかもしれません。

■クロスワードパズルの答え
クロスワードパズルを解いて応募すると、一等はディズニーランド入場券(ペア)です。しかも教職員も応募して良いようです。解きました。答えは「かきごおり」です。たぶん。

応募しようと思ったら、締め切りが終わっていました (T_T)。本当の答えは次号で掲載されますので、答え合わせしてみてください。

2017年9月2日土曜日

夢コン2017の写真とビデオ公開されました

 IT夢コン2017リンク)はすでに729日(土)に多くの参加者、応援者を迎え盛況に終了しましたが、そのときにプロが撮影した写真がアップされました。同じく、ビデオもアップされました。

是非とも見てほしいです。

これが、プロの腕なのか!!!と思うくらい、みなさんがビビッドに写っています。写真はその名のとおし、“真”を写しているので、本当に皆さんが生き生きと参加してくれたのだと思います(勝手&都合のよい解釈かもしれませんが)。そのような場と機会を提供できたことは、主催者として何よりも嬉しいことです。
(それにしてもです。自分の高校時代を振り返って、このような生き生きとしていた記憶はありません)

これは、書類審査を勝ち抜けて当日会場に来てくれた生徒さん全員の写真と思います。皆さん、にこやかな顔をされていますね。


これは参加者懇談会の1シーンです。全国(北は青森、南は沖縄)から生徒さんが集まりました。地域が全く異なり、普段全く合わない同士でも、このように初めてでも快活にコミュニケーションが取れるのは羨ましいです。一緒に記念写真を撮っていたグループも、ライン交換していたグループもありました。

 

参加された高校のホームページにも紹介されています。ありがとうございます!!
明治大学付属明治高校/ニュース

三浦学苑高校/What's New

浜松城北工業高校/トップページ&部活動紹介(コンピュータ部)


聖学院高校/お知らせ

 神奈川新聞(8/5)、中日新聞(8/18)にも紹介していただきました。

 参加された生徒さん、引率された先生、応援に来られた保護者の方やお友達にとって、写真やビデオは非常によい記念になると思います。もちろん、我々にとっても、ですが。
 
 今は、応募、参加してくれた彼ら&彼女たちには、高校生活を一層、有意義に楽しく過ごしてほしいという思いしかありません。来年も応募、参加してくれると幸いです。