2018年6月16日土曜日

チュラ研修生との夕食 Dinner with Chula students

  この日(15日)は、研修生のNapatさんと彼女のルームメイトのJuneさんを誘って、近くのファミリーレストランに、研究室のメンバーとともに夕食に行きました。
  We invited Napat and her roommate June, and went to dinner? supper? with lab members in a nearby family restaurant on 15th.

全体写真です。まだ、サラダの一部しか出てきていない状態です。要するに開始早々の状況ですね。
It is a whole picture. It is still in a state when only a part of the salad has been served. In short, it is the just beginning of the dinner.

会話が盛り上がる前の状況のようです。
It seems to be the scene before active conversation.

もちろん、最後はデザートです。

Of course, the end is dessert.



 いろいろ話ができました。彼女たちの話題はとても興味深く、お互いに楽しみました(少なくとも、私はそう信じたいです)。彼女たちの大学の現状やタイの王宮、アユタヤの遺跡の話などをしました。2時間くらいレストランにいました。時間が非常に短く感じました。
  We were able to talk a lot. Their topics were very attractive and interesting, we enjoyed our conversation very much each other (At least, I want to believe). We talk about the present situation of their university, the royal palace of Thailand, the remains of Ayutaya and so on. We stayed in the restaurant for about 2 hours. I felt the time passed so quickly.

 楽しい夕食のひと時を持てたことを心から彼女たちに感謝します。
I really appreciate them that I had a wonderful time with them for dinner from my heart.

2018年6月15日金曜日

人気の色は「青」と「緑」(オープンキャンパスでのアンケートのお礼)

6月10日(日)はオープンキャンパスでした。ご来場くださった方々は、ありがとうございます。
さて、オープンキャンパスの参加者にはアンケートをお願いしているのですが、アンケートに答えてくださった方には、ささやかですがお礼の品を差し上げています。オリジナルの文房具の場合が多いのですが、今回は、ノートと蛍光ペンのセットでした。
アンケートのお礼の品の文房具
終了間際の写真が下記のものですが、青と緑が品切れになってしまっていました。青と緑が人気だったようです。参加した高校生の男女比が3:1程度なので、寒色系の方が人気だったのでしょうか。
終了間際の様子

2018年6月12日火曜日

オープンキャンパス 6月10日


今回のテーマは「AO&推薦入試の仕組みを知ろう!」です。


●授業体験(情報工学科)
  スクラッチ(Scratch)」を使用したマウスによるゲームの作成に挑戦しよう。
 プログラミングの基礎を体験できます。





総合相談コーナー(情報工学科
 情報工学科の先生が、高校生や保護者の皆様の疑問・質問に、丁寧に説明させて頂きました。
 「AO入試の具体的な種類」「将来やりたい仕事があるけど、何科に進めばいいのですか?」、「普通科高校出身でなくても大学の授業についていける?」などの質問がありました。










スポーツ情報科学コース
 スポーツ分野で使われている情報機器やセンサーの仕組み、情報処理技術、スポーツ科学、スポーツ計測処理、スポーツ情報分析、スポーツ統計解析、運動生理学などを学びます。

研究室公開(田中博研究室)「ユビキタスシステムデザインによる新たな価値の創造」

 「音を用いたデータ転送を具備する高精度屋内測位システム」、「可視化カメラとカラー手袋を用いた手話認識システム」、「AR技術を用いた暗証番号入力システム」などの研究の紹介がありました。
 高校生や保護者の皆様からは、「研究室の決め方や、研究はいつ頃始まるのですか?」、「英語の授業科目」、「工学部・電気電子情報工学科と情報学部・情報工学科の違いは?」などの質問がありました。






研究室公開(五百蔵研究室)「バグのないプログラムを短時間でつくる」
  「バスの遅延情報や違う路線情報を用いた乗車案内アプリケーションの開発」、「形態素解析を用いた敬語の正誤判定の研究」、「学内スケジュール共有システムの提案」、「Windowsにおける既存スタートメニューに代わるソフト開発の研究」、「端末による課題管理アプリの研究」、「ウェアラブルデバイスを用いたストレス計測の研究」などの研究の紹介がありました。
 高校生や保護者の皆様からは、「普通科高校だけど、大学の授業についていける?」、「課題や宿題は多い?」、「授業で、どんなコンピュータ言語を勉強するのですか?」、「毎日どれぐらい授業がありますか?」などの質問がありました。

  






施設公開(ソフトウエア工房) 

 田中(博)研究室の出張デモンストレーションとして、「拡張現実(AR)を用いた暗証番号入力システム」の研究成果が公開されました。これは、TBSテレビの「未来の起源」の番組で放映されたものです。仮想空間上の鍵ボタンを指でクリックする事で、他人に覗かれること無く、ドアの電気錠を開ける実演体験です。


次回のオープンキャンパスは、722日(日曜日)、テーマは「多彩な研究内容に触れて、進路研究に役立てよう」です。

 このたびは、神奈川工科大学オープンキャンパスに御来校頂き、ありがとうございました。


2018年6月10日日曜日

オープンキャンパスの準備の一コマ

 翌日(610日)のオープンキャンパスでの研究室公開の準備としてやっています。肝心のデモシステムの準備の前に、やらなければならないことがいろいろあるようです。
 

 これから机を移動してデモシステムの設置場所の確保、システム設定、システム説明のパンフレットの印刷と冊子化などいろいろな仕事が残っています。さすがは、修士の2名、私が言わなくとも淡々とやってくれています。

 なお、今回は1Fでのデモも依頼されました。そちらはこの写真の前日に4年生が準備したようなので、残念ながら写真はありません。

 別途、オープンキャンパスの模様はアップされると思うので、ここでは、彼らの準備における活躍?の紹介に限定しました。彼らがいればこその研究室公開ですね。いなければ、後悔必至の公開になると思います。学生諸君に感謝あるのみです。

2018年6月9日土曜日

チュラロンコーン大学の12名の研修生の学長訪問 Visit to the president of 12 internship students from Chulalongkorn University


報告が遅くなりました。既に、本ブログでも紹介していますが(リンク1リンク2)、本学の海外協定校の一つであるタイ王国の名門チュラロンコーン大学(Chulalongkorn University)から、学部生12名を研修生として情報学部で受け入れました。

研修期間は528日から84日までで、各研究室に所属しそれぞれが選択した研究テーマに取り組むととともに、情報学部教員による特別講義や各研究室の見学も予定されています。

また、JAXA、産総研、NTTSONYなどの外部研究機関、一般家庭への訪問や茶道など日本文化の体験等を通して、日本の技術や文化に対する理解を深めてもらいます。

本受け入れは今年で4年目になります。また、今年は本学から3名の学生がチュラロンコーン大学に夏休み期間を利用して研修に行く予定です。今後の両校のより活発な交流が期待されます。

*******
I am sorry that the report was delayed. Already introduced in this blog (link1, link2), we received 12 undergraduates from the prestigious Chulalongkorn University in Thailand as internship students of the Information Faculty.  Chula. is one of our university's overseas agreement university. 

The internship period is from May 28th to August 4th, and they belong to each laboratory and are scheduled to engage in the research theme that they have chosen, at the same time they will receive a special lecture by the profs. of Information Faculty and take visits to each laboratory.

In addition, visiting outside institutes such as JAXA, AIST, NTT, SONY etc. and a general family, experiencing Japanese culture such as tea ceremony, etc. deepen understanding of Japanese technology and culture.

This becomes 4th internship in this year. Also, three students from our university are planning to go to the Chulalongkorn University for internship in the period of this summer vacation. More active exchanges between two universities in the future are expected.
                    (English article is significantly powered by Google translation.)



本学小宮学長との記念撮影
Memorial photograph with the University president Komiya

電気学会 技術委員会奨励賞 受賞

M2(大学院博士前期課程2年)の高橋祐佳さんが平成29年電気学会 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞を受賞しました.おめでとうございます!(拍手)

受賞対象は昨年3月に石垣島で開催された情報システム研究会で発表した「天体観望支援アプリケーションの開発」です.Google Street Viewと星図を組み合わせることで,自分が見ている星や星座が何かをわかりやすく表示するWebアプリケーションについての発表でした.その研究会での写真がこちら.

なお,情報システム研究会では例年,年4回開催される研究会での若手の発表のうち優秀な5件が表彰されます.情報工学科ではこれまで,中澤さん岩崎さんが同じ賞を受賞されています.

2018年6月5日火曜日

学食カレンダー変更しました

第2食堂がリニューアル、第3食堂が閉店、キッチンカーが毎日来る、ようです。
第2食堂の営業時間を表す看板
学食カレンダーも上記に合わせて更新してみました。
新しい学食カレンダー
(営業中の表示にするために、内部的に時刻を無理やり昼間にした画像を使用しています)
学食カレンダーは、情報工学科ブログや、自転車発電のWebページに表示されています。このページだけ見たいときは、このリンクをブックマーク(お気に入りに登録)するとよいでしょう。

「良く学びよく遊べ」という言葉があります。「よく食べて。よく学べ」と記して終わります。

2018年6月3日日曜日

自己紹介をしました We introduced ourselves.

  研修生が研究室にやってきました。お互いを理解することが必要ですね。自己紹介をしました。
  An internship student joined our lab. At first, it is necessary to understand each other.  We introduced ourselves.

  これは誰がやっているのでしょうか? ワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードを使うとPCから離れていても操作できます。右手にマウスを持っている小川君が話しているシーンと思われます。
  Who made presentation? It is not necessary to approach PC, because we can operate it by a wireless mouse and a keyboard. It is a scene of Ogawa’s talking since he held the wireless mouse in his hand.

  かすかに見えるパワーポイントの画面から、これは私がやっているときのようです。感動した映画を紹介しました。評価の高い外国映画を3本と日本の映画を1本あげました。いずれも古い映画で(2本は私が生まれる前の映画)、彼女も知らない、とのことでした。でも、映画の舞台となったソ連(ロシア)の話をしたとき、日露戦争の話になったのですが、彼女は日露戦争を知っていました。驚きです。歴史の授業で学んだとのことです。日本人学生は、私の話を聞いていません。まぁ、いつものことですね。
  This seems a shot of my presentation judging from the faintly visible screen of powerpoint.  I told movies which moved me, three are foreign which is very famous and one is Japanese movie.  Those are so old that she doesn’t know. Two movies are produced before I was born.  When I told the Soviet Union which is the stage of the movie, I explained the war between Japan and Russia.  I was surprised at the fact that she knows that war.  She said “I learned in class of history”. As usual(^_^), Japanese students didn’t hear my explanation.

  これは彼女の自己紹介のシーンです。去年のマイ君のときもあったのですが、家族で写っている写真がありました。今回の研修に対して家族全員で空港に見送りにきたときのものでした。温かく、よい雰囲気でした。大切なお嬢さんを大切にしなければならないと、気が引き締まります。
  This is her self-introduction scene.  There was a shot with her family members, that is the same case of Mai kun last year.  It was taken when the family came to see her off at the airport for this internship. I felt warm and good atmosphere. I feel tension because I have to cherish a precious daughter for her family.

 多くのものを得てほしいという思いは当然ありますが、まずは何よりもこの研修や日本滞在を楽しんでほしいと思います。
  Of course, I want her to get many things by this internship, but first of all I would like her to enjoy this opportunity and staying in Japan rather than anything else.

PS)
  初めて翻訳サイトを使ってみました。すごいですね。早いし、少なくとも大いに助かりました。
  I tried using the translation site for the first time. It is amazing. It was quick and at least a great help.