2009年10月26日月曜日

研究開発最前線―田中博教授の研究成果が日刊工業新聞に紹介されました

日刊工業新聞Newsウェーブ21 の「研究開発最前線」に田中先生の研究成果が大きく取り上げられました.
[2009/10/26 科学技術2 p.20]

記事の概要は以下の通りです:
===
“空中メモ”でTVオン
田中研究室では、加速度センサーを使った動作認識システムの開発に取り組み、身体の動きを使ったテレビのリモコンや電気のスイッチの操作を実現した。
その実現方法は、手首に取り付けた加速度センサーを使って、空中に書いた数字の『0』や『1』などの文字を認識し、その情報を赤外線通信によって各種家電製品に送信し、テレビのチャンネルやボリュームなどの変更、ライト、エアコンなどのスイッチのオン/オフなどを行うというもの。
現時点で、最大20種類の空中メモによる動作を、90%以上の確率で認識することに成功している。リモコンやスイッチを押す作業が困難な「視覚障害者や指が不自由な方々にとって有効な道具になる」(田中教授)と期待されている。
===

田中研究室の研究をもっと知りたい方は.. →こちらをご覧ください

0 件のコメント:

コメントを投稿