2020年10月7日水曜日

強制リロード(スーパーリロード)

資料のミスではご迷惑をおかけしています。資料を修正して、LMS(KBook)にアップロードしなおすのですが、更新されないです。この原因が分かりました。結論から言うと、Ctrl+F5を押すと解決します。

 コンピュータの世界では様々な場所でキャッシュ技術が使われています。Webブラウザもキャッシュを使っています。通常の更新(F5)では、キャッシュの有効期限を考慮して、実際に更新をかけないようです。

このキャッシュの有効期限を無視して、強制的に更新をかけてくれるのが、「強制リロード」とか「スーパーリロード」と呼ばれる機能のようです。「更新」がキャッシュの有効期限を考慮せず、更新するものだと思い、ずっと原因が分かりませんでした。今まで、大学のProxyサーバーの設定あたりが悪いと疑っていました。管理者のみなさま申し訳ありません m(_ _)m。

この強制リロード(スーパーリロード)ですが、たいていのWebブラウザで、Ctrl+F5に割り当てられているようですので、困ったときはご利用ください。



0 件のコメント:

コメントを投稿