2011年8月1日月曜日

オープンキャンパスでの小平・鈴木研の研究室公開

7/31のオープンキャンパスでは、小平・鈴木研究室が研究室公開を行っていました。
今回の研究室公開では、4年生の情報工学セミナー3の課題として制作したMicrosoft Kinect(キネクト)を用いた作品を公開していました。Kinectは、Xbox360用に開発された、コントローラを用いずに操作ができる体感型のゲームシステムで、ジェスチャーや音声認識によって直観的で自然なプレイが可能となるデバイスです。
Windows上でもプログラム開発が行えるので、全世界で様々開発者が腕を競っています。アイデアとプログラミング力を総動員して、自分の作品を作成していました。4年生ともなると、高度なプログラミング力を身につけているはずなので、作品の出来に期待が高まります。

高校生へ説明する4年生(左側)

出来具合は様々ですが、頑張ったのは確かです。自分達の制作した作品ですので、説明にも熱が入ります。

今回の公開では、下記のような作品が公開されていました(タイトルのみ)。
  • 電撃ピチュー
  • KINECTを使った視力検査
  • KINECT背景合成システム
  • くっつきスライム
  • KINECTで身長測定
  • KINECTでお絵かき
  • KINECTで変装
そして、一仕事が終わった後は、楽しい打ち上げ。「苦楽」を共にした友人との交流は、大学生活の醍醐味の一つではないでしょうか。研究室では、サークル活動などはまた別の交流があります。

公開後の打ち上げの様子
 学園祭(11/5、11/6)の公開でも、よりパワーアップした作品を公開する予定だそうですので、期待してくださいとのことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿