2020年6月15日月曜日

ユニクロのRFIDタグ

ユニクロでは「レジの台の上に置くだけ会計が済む」という噂を聞いていて、びっくりしていました。技術的には何十年も前から可能ですが、コスト面の課題が大きかったです。

実際に、ユニクロで買い物をしたので、RFIDタグがどこにあるか探しました。紙のタグの中に仕込まれていました。一見、普通の紙のタグです。光にかざすと、RFIDのタグが透けて見えます。
どんな技術革新が起きているのかネットで調べてみました。東レという会社が、RFIDタグの値段を5~10円から1~2円に引き下げる技術を開発したようです(参考にした記事)。

RFIDタグを使い捨てにできると、応用面がすごく広がります。この技術(機器)を使ったサービスが展開されて、世の中がますます便利になっていくと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿