2020年6月17日水曜日

自動ツイートプログラムVer2完成

PythonとSeleniumを使って、自動ツイートするプログラムを書きました。
作ったプログラム(環境)は、NUCという凄く小さいPC(10.5cm×11.5cmくらい)上に、載せることにしました。この大きさで、既にWindows 10がインストールされて売っているので、すごく便利です。
自動ツイートサーバ(左。右は大きさ比較のためのコアラのマーチ)
たまたま手元にあったコアラのマーチの箱と比較してみました。一辺や厚みはコアラのマーチの方が大きいです。

プログラムの新規作成に伴い、今まで、公式アカウント用(1日1通)、非公式アカウント用(その日の記事全部)の2個のプログラムに、分けて書いていた処理を、1個のプログラムにまとめました。6月9日のツイートから運用を開始して見守っていますが、無事動いているようです (^_^)。
このプログラムを作るきっかけや、直ぐにプログラムを作ることが出来ず、困っていることは以下の記事にさせて頂きました。
  • 自動ツイートが出来なくなった & 時間指定ツイート(リンク)
実際の苦労話は、長くなるので、別の記事にさせて頂きます。

追伸
 前のプログラムは、2019年の10月~11月くらい頃に作りました。約1年半の寿命でした。きっとこの作った時期には、すでにTwitter社は、Internet Exploreの対応をやめることを発表していたのではないかと思います。良く調べないで作ると、このようなことになります (T_T)。

0 件のコメント:

コメントを投稿