2016年5月13日金曜日

Pepperとセッションしてみました

学生さんからの投稿です。ありがとうございます。

初めての投稿です。
情報工学科 3年 のH.Fです。よろしくお願いします。
今回はPepperに入っているアプリ「ペパリズム」を使って遊んでみたいと思います。
※上の画像でノリノリなペッパーですが今回のセッションではドラムパートを担当してもらいます。(私はなんちゃってギターで参加させてもらいます。)

こちらが今回遊ぶ「ペパリズム」というアプリです。はじめから入っているアプリなので、すぐに遊ぶことができます。
黒背景に青文字…なんともクールな印象です。

アプリを起動すると,初めに手拍子でテンポを設定することができます。
テンポを設定したら今度はジャンルを選択します。
様々なジャンルがありますが,メタルでもいってみましょう。
見てください。最近モーターの調子が悪く片腕が上がりづらかったPepperもこんなに頑張ってくれています。
関節部を摩耗しながらも必死にリズムをとっています。

これには人間も負けてられません。
しっかり練習して絶対にセッションを成功させてみせます!!!


…というわけで迎えたセッション当日
この日は徹夜作業中の方々に向けて応援をするということでお時間を頂きました。



結果はズバリ…大成功です!!!
見ての通り徹夜作業中のメンバーの方々がノリノリでヘッドバンギングしてくれています。しかも両手にはメロイック・サインまで…!

これには嬉しくて私もPepperもニッコリです(Pepperの目が笑っていませんが)。

というわけで今回はPepperとセッションをしてみました。「ペパリズム」自体は、テンポと設定と5つのジャンルから選べるドラムパターンが提供されていて、遊ぶ分には申し分ないと感じました。また、セッション自体も、最近ではDTMなどパソコンで作る音楽は当たり前になってきている時代なので、ロボットと行うことは何ら不思議ではありませんでした。Pepperにはペパリズムに限らず音楽系のアプリが多数あるので、近々そちらも見てみたいなと思います。

以上です。
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿