2017年7月26日水曜日

森の里4丁目自治会さんとの協業

 あれは2011年でしょうか? 自治会内での防犯のための情報システムをつくってくれないか?という依頼を受けたのは? つくってから運用、保守、その他ご協力を継続しています。毎年夏の自治会のサマーフェスタ、新年の餅つき大会にお邪魔して、ユーザ登録のお手伝いを行っています。システム機能追加などは、別途町内会の幹部の方々と打ち合わせもしています。昨日22日は、サマーフェスタにお伺いしました(わざわざ招待状もいただきました。ありがとうございます)。


早めに到着したのですが、待ち構えたように登録支援のお願いに来てくださいました。子ども会のお母様のお二人です。防犯情報だけではなく、子ども会の情報や回覧板の情報なども登録メンバーにお送りする機能を試験的に運用開始しています。支援者にいつもの示野さんに五百蔵研の4年生の西澤君が加わりました。


こちらも登録のために来られた町内会の方です。らくらくフォンです。機種が多様で、支援も大変です(私がやっているわけではないけど・・・)。同じように見える文字が、実際には違っていたり・・・

 
風が強く、うまく撮れませんでした。毎回、このように幟?を立てて、ユーザ登録支援場所を確保いただき、やっています。

こちらは自治会の方々との懇談の様子です。副会長の方と、重鎮の方です。お二人とも私と同郷で、重鎮の方は○高出身、方や私は△高出身というライバル校?の関係、そして元同業者、かつ私の恩師の知人ということで、世の中本当に狭いものだということを実感します。
話題はつきません。自分の話は長い、ということで、確かに長いのですが、高尚な話から下ネタまで、実に話題が豊富で、楽しい会話でした。その中で、元同業者としてのコメントや意見などもあり、考えさせられることも多かったです(そのときは、そのように感じましたが、一夜明けると何だっけ?ということで失念しています。まぁ、いいでしょう)。


 今年は、西澤君という強力なメンバーも加わったので、多くのことをやっていきたいものです。当方に依頼と場を提供してくれるという好意に対して、われわれもこれまで以上に真摯に取り組んでいく必要があると、改めて感じました。西澤君、よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿