2017年6月15日木曜日

オープンキャンパス(6月13日)が開催されました。

AO、推薦、一般、入試の違いを解説!


大学概要ガイダンス
 神奈川工科大学の施設の紹介、教育方針、高校の基礎科目の学習支援体制、教員採用試験対策室、進学・就職の支援体制などの紹介がありました。



AO入試・推薦入試ガイダンス・一般センター方式入試ガイダンス
本学の色々な入試方式の紹介がありました。



高校1・2年生対象大学基本講座
高校と大学の違い、神奈川工科大学の紹介などがありました。


保護者対象説明会
奨学金制度、災害対策、就職支援体制、卒業後の進路などの説明がありました。



学科相談コーナー
皆さんの疑問・相談事に情報工学科の先生が直接お答えします。
 辻先生が丁寧に説明されていました。情報学部3学科の違い、「AIやIOT」
を勉強するのは何科?、AO入試、実績評価方式、入試に役立つ資格、面接
での質問内容、高校の授業で数ⅡBを勉強してなくても大丈夫? などの質
問がありました。

体験講座
パソコンを使ってプログラミングの授業を体験します。
「スクラッチ(Scratch)」を使用したマウスによるゲームの作成に挑戦しよう。
 鈴木先生の説明・実演を 「見て聞いて試して」 初めての人でもプログラミング
出来ました。


研究室公開
 研究室の学生が研究内容の説明や、色々な質問に答えます。
 使用したプログラミング言語、手話認識、充電した電力の利用、研究は何年生頃から取り組むのか、研究テーマはどのように決める、情報工学科でも仮想現実が勉強できる?研究室は楽しい?毎日来るのですか、研究室はどうやって選んだのですか、研究室の先生はどんな人ですか、
 AO入試の自己アピールや持ち込み可能な物、授業はどんな事をするのですか、文系の高校出身でも大丈夫?プログラミングが始めてでも授業についていける? 高校時代に数学・物理をしっかり勉強しといたほうがいいですか、大学生活の1番忙しい時期、学生寮、資格取得の支援制度、就職先などの質問がありました。



研究室公開: 田中(博)研究室
 題目 「可視光カメラとカラー手袋を用いた手話認識システム」
見て学んだ手話を、実際に自分の手を動かして練習・習得するための
システムです。
 題目
 「人力発電に連動するスマートフォンと仮想現実(VR)技術を用いた疑似屋外走行システム」
 発電しながら、仮想現実で世界を自転車旅行できます。 楽しみながら発電中です。


 題目 「音を用いた他ユーザ収容可能な高精度屋内測位システム」
 模型列車に積載したスマートフォンから非可聴領域の音を発生させ、複数
のマイクから得られる情報を利用して、模型位置を高精度に測定しています。    
屋内ナビゲーションへの利用やロボットの自動制御への適用を目指してい
ます。



研究室公開: 五百蔵研究室
 題目 「RasPberry Piを利用したリアルタイム電力計測器の作成」
 題目 「子育て世代支援アプリの考案について」
 題目 「地域防犯システムの開発」
 題目 「2台のWebカメラを使用する屋内測位方法の検討」
 題目 「音楽ゲームを利用した点字入力練習システムの提案」
 題目 「どこが分からないのかが分からない」勉強の段階化を効率的にする手法の考案」




 五百蔵研究室で開発された「地域防犯システム」のWebアプリは、厚木市
内で稼働しています。


次回のオープンキャンパスは、7月23日(日曜日)です。
テーマは 「多彩な研究内容に触れて、進路研究に役立てよう」 です。


本日は御来校いただきありがとうございました。



0 件のコメント:

コメントを投稿