2015年1月21日水曜日

ある日曜日

 森の里4丁目自治会さんと共同で運用している、例の地域の目-防犯ネットワーク-ですが、今日は餅つき大会にお邪魔してきました。また、ご馳走になってきました。

仕事をやる前に、早々にご馳走になりました。これではまるで、ご馳走になるためにやってきたようなもんですね。

厚木市市制60周年、森の里30周年の幟が映えています。このような幟をつくるという姿勢に感服します。

右に見える建物が自治会館。その横で、餅つきが行われていました。夏はこの緩やかな斜面が芝生に覆われ、それは見事な公園です。

 
 

一応、仕事も若干はやっているという証拠を示しておきます。出張交通費がほしい訳では決してありませんので、念のため。

 

自治会長と今回の餅つき大会の実行委員長。実行委員長は、私と同郷です。年よりはわがまま?という私の先入観が覆されました。実に立派な方々です。さすがは、厚木を代表する住宅街にお住まいの方々です。。


 システム開発側はどうしても、「こんなことできるのでやってみませんか?」と押し付けがましくなりがちですが、我々はあくまで、先方からの要望に沿ったシステム開発を心がけています。ユーザ登録を推進するのではなく、ユーザ登録をしたい方がいらっしゃれば、そのお手伝いをさせていただく、ということで適宜お伺いしています。「住民の住民による住民のためのシステム」となり、地域の防犯意識の向上につながれば(すでに高いものがありますが)、我々の取り組みが意味のあるものになります。

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿