2016年10月14日金曜日

栄光学園と都立三田高校の生徒

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』という本を読みました。この本は、神奈川県で一、二を争う栄光学園で授業を行った内容をまとめたものです。この本を読んだというブログ記事は以下をご覧ください。
  • 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ (リンク
この本の最後の方のページに「とんでもなく役に立つ数学」という本の宣伝が載っていました。読んでみました。読み始めて気づきましたが、渋滞学で有名な東京大学の西成先生による本です。
「とんでもなく役に立つ数学」
この本は、都立三田高校の12名を研究室に招き、4日間授業をしたものをベースにまとめた本です。

進学校として名高い、栄光学園や、都立三田高校の生徒さんたちは、高校生(or 中学生)の頃から、大学(東京大学)の先生の授業を受けているのですね。知りませんでした。

この本は、「数学が嫌いな人も読める」と書かれていますので、是非、みんなお読みください。

0 件のコメント:

コメントを投稿